いいね!

芋焼酎をこよなく愛する薩摩人。焼酎プロフェッサー 鮫島吉廣

鮫島 吉廣 さめしま よしひろ

鹿児島大学客員教授
大学卒業後、ウイスキーメーカーを経て鹿児島県の焼酎会社に入社。
製造部長・研究所長を努めた後、鹿児島大学焼酎製造学研究室教授に就任。

焼酎プロフェッサー 鮫島吉皓

お湯割りは、モダンな飲み物。

時代とともに、お酒の飲み方も変ってきました。
かつては、特別な日に酔いを求めて飲まれていたお酒も、
今日では毎日健康的に、食事と一緒に楽しみたいという方が増えています。
あたたかく、体にやさしい、しかも
いろんなジャンルの料理との相性のよい芋焼酎のお湯割りは、
現代人にお勧めしたいモダンな飲み方です。

お湯割りは、食中酒として楽しめる蒸溜酒です。

芋焼酎をお湯で割ることで、料理に合わせて手軽に、
ワインや清酒などと同程度のアルコール度数に調整することができます。
糖分やエキス分を含まない芋焼酎は、スッキリとした飲み口。
繊細な日本料理はもちろん、お湯割りのあたたかさで
油分を融かし流す働きもあるので、コッテリ系の洋食にもよく合います。

お湯割りは、体をいたわってくれます。

冷たいお酒は、ノド越しや清涼感を楽しむもので、
急激に飲むと一気に酔いが回ったり、体を冷やしてしまいがちです。
体温に近いものは、体にやさしいといいます。
特に料理と一緒にお酒を飲む場合は、
胃や腸を必要以上に刺激しないお湯割りが理想的です。

お湯割りは、芋焼酎の旨味を引き出します。

芋焼酎のお湯割りには、飲み頃の温度というのがあります。
温度が高すぎると、旨味より先に刺激や辛味を感じてしまいがち。
人肌程度のお湯割りは、あたたかさとともに芋焼酎本来の旨味を楽しむことができます。
目安は、お湯割りの器を手に持って、「熱さ」ではなく「あたたかさ」を感じる温度です。

お湯割りの半分は、飲む人の味です。

一般的な25度の芋焼酎は、焼酎工場で蒸溜したアルコール37度の原酒に、
水を加えて25度に調整されたものが出荷されています。
これを5:5のお湯割りにして飲む場合、芋焼酎と同量のお湯を加えるわけです。
つまり、お湯割りの半分は、私たち自身が加えたお湯だと言うことになります。
水道水や蒸溜水、湧き水や温泉水、アルカリイオン水や海洋深層水など… 
お湯割の「お湯」にこだわってみるのも楽しいかもしれません。お湯割りグラフ

自分流のお湯割りを発明する。

芋焼酎とお湯をあわせて、飲み頃の濃度と温度にする。
お湯割りのレシピはこの上なくシンプルです。
だからこそ、気分や体調、食べ物などにあわせて、
芋焼酎の割合を加減したり、酒器や演出に工夫を凝らしたり、
自分流のスタイルを楽しみたいものです。